お寺のソーシャルデザイン vol.001

Description
こんにちは、本イベントを主催をさせていただく、霍野 廣由 (Tsuruno Koyu)です。恥ずかしくも、初回はゲストの一人として参加します。僕はお坊さんです。

最近、ビジネスや行政の取り組みから、「社会性」「社会貢献」ということを耳にすることが増えたように感じます 。僕は、そういった社会の流れを、なんとなく、直感的に 、「お寺と相性良さそう!」と感じ、「ソーシャルデザイ ン」や「ソーシャルイノベーション」など「ソーシャル」 と名のつく講座に足を運んだり、書物などを読みました。

「えっ、それってお寺がやってきたことじゃん」
「なるほど、お寺と紐づけて考えると面白そう」
「その取り組み、お寺で一緒にできるかも」
「仏教ではこう考えるなー」

そんなとき、まさにソーシャルデザインの先駆けである[greenz.jp]や、お寺や仏教にまつわる様々な取り組みを発信する[彼岸寺]などで大活躍中のフリーライターの杉本恭子(Sugimoto Kyoko)さんが、この春から某仏教総合誌にて「お寺のソーシャルデザイン」という連載をすると聞きつけ、これはチャンス!と相談し、一緒に本イベントを企画することになりました。

お寺の資源を駆使してソーシャルな活動を繰り広げるお坊さん。仏教やお寺にはこれからの社会を切り開く可能性があると信じるプロデューサー。地域の資源としてお寺を活用するコミュニティデザイナー。第一線で活躍中のゲストの力をお借りしながら、お寺のソーシャルデザインを紐解いていきます。

今回は、社会性の高い活動を展開する若手のお坊さんをゲストにむかえ、お寺のソーシャルデザインを考えます。

仏教の考え方やお寺の取り組みは、ソーシャルな活動、あるいは、これからのビジネスを考えるうえでも、アイディアの種がつまっていると感じます。あるいは、こんな取り組みをお寺でやってみたら面白いかも!と企んでいる方にとっても、お坊さんと出会えるチャンスになるかもしれません。

\こんな思いをお持ちの方にオススメです/
・お寺のソーシャルデザインってどういうこと?!
・お寺や仏教の活動を知りたい
・お寺を使ってしてみたいことがある
・ゲストに会ってみたい
・仏教になにかヒントがありそうな気がする
・たまたま都合が良かった! など

今回はあくまでもお寺や仏教が舞台になりますが、ソーシャルな活動にご関心のある方には、お楽しみいただけると思います。どなたでもお気軽にご参加ください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃Event Outline!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日時】
2019年2月25日(月)
19:00-21:00頃(18:30開場)

【会場】
直七法衣店
京都市下京区福本町425
京都駅から徒歩約5分

【参加費】
1,500円(飲み物・食べ物持ち込み可)
※遅い時間帯ですし、お腹空いたら我慢せずに食べてください。また、喉が乾いたら我慢せずに飲んでください。アルコールもOKです。

【定員】
20名程度

【ゲスト】
秋田光軌(Akita Mitsuki)
浄土宗大蓮寺(大阪市)副住職。“葬式をしない寺”で有名な應典院(おうてんいん)の主幹をつとめる。〈気づき 、学び、遊び〉をコンセプトに、地域ネットワーク型寺院としての活動をおこなっている。

釈大智(Shaku Daichi)
浄土真宗本願寺派如来寺(池田市)副住職。認知症高齢者のためのグループホーム「むつみ庵」や、現代版の寺子屋とも言える「練心庵」の運営を担う。

霍野廣由(Tsuruno Koyu)
浄土真宗本願寺派覚円寺(福岡県)副住職。NPO法人京 都自死・自殺相談センターの副代表。また、エネルギー事業を通して社会貢献するお寺をサポートするTERA Energy株式会社の立ち上げに関わる

【モデレーター】
杉本恭子(Sugimoto Kyoko)
学生時代は非日常空間で紡がれる関係性に興味を持ち、コ ミュニケーション論を専攻。卒業後は、書籍・雑誌の編集 からウェブメディア制作まで幅広く携わる。現在はフリーライターとして、インタビューを中心とした取材・執筆活動を行う。

【プログラム】
18:30 開場
19:00 はじまりの挨拶 / 趣旨説明
19:15 ゲストトーク
20:30 交流会
21:00 終了
※途中参加・途中退出OK
Mon Feb 25, 2019
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット SOLD OUT ¥1,500
Venue Address
下京区福本町425 西洞院七条上ル Japan
Organizer
僧シャル Lab.
25 Followers